« JavaScript によるキーイベントの禁止 (修正) | トップページ | Mysql + Java で CommunicationsException が発生 »

2011年2月23日 (水)

Eclipse コンパイル時の警告を無視する方法 (都度更新)

警告「Java ArrayList は raw 型です。総称型 ArrayList<E> への参照は、パラメーター化する必要があります」

  1. 「ウィンドウ」 → 「設定」を開く
  2. 設定ダイアログのツリーメニューから「Java」 → 「コンパイラ」 → 「エラー/警告」を選択
  3. 「総称型」の「raw型の使用:」を「無視」に設定する。

警告「Missing package-info.java file.」

  1. 「ウィンドウ」 → 「設定」を開く。
  2. 設定ダイアログのツリーメニューから「Checkstyle」を選択
  3. プロジェクトで使用している内部構成を選択して「構成」ボタンを押下する(※)
  4. 構成ツリーメニューから「Javadoc コメント」を選択する
  5. 「パッケージ Javadoc」のチェックを外して「OK」ボタンを押下する

  内部構成が存在しない場合、
   →ビルドイン構成をコピーして内部構成を作成する
   →内部構成作成後、プロジェクト名を右クリックして「プロパティー」を選択
   →プロパティーのツリーメニューから「Checkstyle」を選択
   →チェックの構成で作成した内部構成を選択する

警告「少なくとも1文はあるはずです。」

  1. 「ウィンドウ」 → 「設定」を開く。
  2. 設定ダイアログのツリーメニューから「Checkstyle」を選択
  3. プロジェクトで使用している内部構成を選択して「構成」ボタンを押下する
  4. 構成ツリーメニューから「ブロック」を選択する
  5. 「空のブロック」のチェックを外して「OK」ボタンを押下する

« JavaScript によるキーイベントの禁止 (修正) | トップページ | Mysql + Java で CommunicationsException が発生 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153605/50949255

この記事へのトラックバック一覧です: Eclipse コンパイル時の警告を無視する方法 (都度更新):

« JavaScript によるキーイベントの禁止 (修正) | トップページ | Mysql + Java で CommunicationsException が発生 »