« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月23日 (月)

Java Doc の書き方 (随時更新)

■クラスコメント

 @author [作成者]       クラスの作成者を記述(複数行で複数人を記述できる)

■メソッドコメント

 @param [変数名] [説明文]  メソッドの引数の説明

 @return [説明文]        メソッドの戻り値の説明

■その他

 @see [クラス名等]       関連項目を記述(JavaDocに関連項目が作成される)

 {@link [クラス名等] }      文章中に参照リンクを作成する

2012年1月12日 (木)

struts-config.xml メモ

<struts-config>

  <form-beans>

    <!--アクションフォームBean定義 -->
    <form-bean
              name="【 名称 例:ExAction 】"

              type="【 クラス名 例:struts.ExActionForm 】"/>

  </form-beans>

  <action-mappings>

    <!-- アクションの処理設定 -->
    <action

         path="【 JSPのフォーム画面から指定される値 例:/ExAction 】"

         type="【 アクションを処理するクラス名 例:struts.ExActionAction 】"

         className="【ActionMappingクラスの完全修飾名】"

         name="【 アクションフォームBeanの名前 例:ExAction 】"

         scope="【 アクションフォームBeanのライフサイクル (request、session)】"

    parameter="【 アクションで取得できるパラメータ】"

    validate="【 入力検証機能 (true:行う、false:行わない)】"

         input="【入力検証時のエラー時に遷移するjsp(validate="true"の場合のみ有効)】">

      <set-property property="【プロパティ名】" value="【値】" />

      <!-- アクション・クラス実行後の遷移先を指定 -->
      <forward name="【遷移先指定名称 例:success】" path="【実際のパス】" />

    </action>

  </action-mappings>

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »