カテゴリー「パソコン・インターネット」の7件の記事

2012年4月25日 (水)

自サイトで Google Cloud Print を実行する方法 (JavaScript)

以前、スマートフォンから Google Cloud Print を利用して印刷するには専用のアプリが必要と書きましたが、JavaScript より実行可能なことがわかりました。

詳細な内容は下記サイトに書いてました。(英語)

Google Developers Cloud Print

ここを参照すると、JavaScriptだけではなく、Androidアプリからも実行可能なようです。
とりあえずは簡単なテストページを作成してみます。

まず、ボタンを配置したい場所に下記のタグを記述

<div id="print_button_container"> </div>

次に、「head」タグにJavaScriptを追加

<!-- Script の読み込み -->
<script src="http://www.google.com/cloudprint/client/cpgadget.js">
</script>

<!-- Script の実装 -->
<SCRIPT defer="defer">

    <!-- ガジェットの取得 -->
    var gadget1 = new cloudprint.Gadget();

    <!-- デフォルトの印刷ボタン作成および設定 -->
    gadget1.setPrintButton(cloudprint.Gadget.createDefaultPrintButton("print_button_container"));

    <!-- ドキュメントの設定 setPrintDocument( "url","[ドキュメントタイトル]","[印刷対象URL]")  -->
     gadget1.setPrintDocument("url", "動画のテストページ", "http://homepage3.nifty.com/t-chiyo/video.html");

</script>

↓ためしに作成したサイト

Googleクラウドテストページ1

Googleアカウントにログインしている場合、
「Print」ボタンを押すと下記のダイアログが表示されます。

Dialognormal

当然ながらGoogleアカウントにログインしていないと下記のようにエラーとなります。

Dialogerr_3

IE9だとこれでも動作しますが、Chrome や スマートフォン ではボタンが表示されなかったので、追加で下記の修正が必要です。

■修正1

□現象

Googleクラウドプリントのデフォルトボタンが IE9 でしか表示されない

□原因

下記サイトにヒントが載っていました(英語)

Cloud print only works on IE9

簡単に説明すると、ページを読み込む前にボタンを初期化していることが原因です。

□対策

「body」 タグの 「onload」 イベントを使い、
ページ読み込み後に対象のスクリプトを実行するように修正する。

■修正点2

□現象

F12でダイアログを表示すると下記エラーメッセージが表示される。

「SEC7111: HTTPS セキュリティが http://www.google.com/images/logos/cloud_print_logo_beta.gif によって危害を受けています」

□原因

下記サイトに詳細なエラー内容が載っていました

F12 ツールのコンソール エラー コード

下図で説明すると、ダイアログ自体のアドレスは 「https」 サイトだが
「Googleクラウドプリント」のイメージは 「http」 のサイトを参照しているためである

Dialog

残念ながら、これに関しては修正不可です。
(Googleのサイトは修正できません・・・)

また、このままではURLをいちいち指定しなければならない点と、印刷ボタンがデフォルトボタンなので、これも修正します。

↓修正を加えたサイト

Googleクラウドテストページ2

上記ページをIEやChromeで実行した所ダイアログが表示されました。
また、スマートフォンで実行した所、新しいウィンドウが起動しました。
環境によって動きは違うものの、印刷自体は問題なく出来ました。

※以下の環境での動作を確認

 
 IE 9.0.8122.16421
 Chrome 18.0.1025.162
 GaraxyTab Android2.3.3

※アイコンは下記素材サイトよりダウンロードしました

 ホームページ制作に無料で使えるフリーアイコン素材を簡単検索。Materialand

2011年10月25日 (火)

エクセル 別のシートの内容をリンクされた図として貼り付ける

エクセルで、他のシートにある表を貼り付けたいけど

行・列が結合されてたり、高さ・幅などが異なる場合、

単純には貼り付けれない。

そこで利用するのが、「リンクされた図として貼り付ける」だ。

便利な点は・・・

1.図形として貼り付けるため、貼り付け元・先のレイアウトを変更しなくてよい

2.図形といいつつリンクされているので、元のシートを変更すると図の内容も変更される

実際の作業は実に簡単。

①貼り付けたい範囲(シートBのA1:D5)を選択してコピー

Photo_2

②別のシート(シートA)に移動

③貼り付けメニューより「その他貼り付けオプション」内の「リンクされた図」を選択

④コピーしたセルの内容が図として貼り付けられる

Photo_4

※貼り付け元のシートBの内容を変更すると、図の内容も変更される。
 
 

2011年9月12日 (月)

Windows7 の設定変更

■表示フォルダとエクスプローラの同期

エクスプローラの同期
 右:現在表示しているフォルダ
 左:ツリー表示

上記、右と左の表示を同期させる設定は、
 →コントロールパネル
 →デスクトップのカスタマイズ
 →フォルダーオプション
 →全般タブのナビゲーションウィンドウ内
  「自動的に現在のフォルダーまで展開する」をチェックする

Photo_2 

2011年9月 9日 (金)

office 2010 の設定変更(2011/10/27 更新)

■ R1C1 参照形式を A1 参照形式に変更する

  1. 「ファイル」タブを選択
  2. 画面左の「オプション」を選択
  3. ダイアログ左の「数式」を選択
  4. 「R1C1参照形式を利用する」のチェックボックスを外す

■アドレス等(http://…、wwwxxx@xxx…)に勝手にリンクを張る機能を止める

  1. 「ファイル」タブを選択
  2. 画面左の「オプション」を選択
  3. ダイアログ左の「文章校正」を選択
  4. 「オートコレクトのオプション」ボタンを押下
  5. オートコレクトダイアログの「入力オートフォーマット」タグを選択
  6. 「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックボックスを外す

■ シート見出しの表示/非表示

  1. 「ファイル」タブを選択
  2. 画面左の「オプション」を選択
  3. ダイアログ左の「詳細設定」を選択
  4. 「シート見出しを表示する」のチェックボックスを変更する

■シート見出しより、特定ワークシートの非表示

  1. 画面下に表示されている、非表示にしたいワークシート名を右クリック
  2. 右クリックメニューより「非表示」を選択
  3. ワークシートが非表示になる

■シート見出しより、特定ワークシートの表示

  1. 画面下の表示中ワークシート名を右クリック
  2. 右クリックメニューより「再表示」を選択
  3. 表示したいワークシートを選択して「OK」ボタンを押下
  4. 選択したワークシートが表示される

■  '1004':プログラミングによる Visual Basic プロジェクトへのアクセスは信頼性に欠けます 対応

  1. 「ファイル」タブを選択
  2. 画面左の「オプション」を選択
  3. ダイアログ左の「セキュリティ センター」を選択
  4. ダイアログ右の「セキュリティ センターの設定」ボタンを選択
  5. ダイアログ左の「マクロの設定」 を選択
  6. ダイアログ右の「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」
    のチェックボックスを選択する

■保存時に「プライバシーに関する注意:このドキュメントには、マクロ、ActiveXコントロール、
XML拡張パックの情報、またはWEBコンポーネントが含まれています。これらにはドキュメント検査機能で削除することができない個人情報が含まれる場合があります。」というメッセージが表示される。

  1. 「ファイル」タブを選択
  2. 画面左の「オプション」を選択
  3. ダイアログ左の「セキュリティ センター」を選択
  4. ダイアログ右の「セキュリティ センターの設定」ボタンを選択
  5. ダイアログ左の「プライバシーオプション」を選択
  6. ダイアログ右、ドキュメント固有の設定の「ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する」のチェックボックスを解除する

2011年2月 3日 (木)

TortoiseSVN で接続ユーザを変更する

TortoiseSVN において、認証データを保存していたが、
接続ユーザID・パスワード を変更しなければならない場合、

設定→保存データ→認証データ→クリア

を行い、現在保存されている情報をクリアする必要がある。

Svnpass_2

クリア後は再接続を行い、新たなユーザID・パスワードを入力すれば、
接続ユーザを変更することができる

2010年11月29日 (月)

FireBugs の使用

Firebug は、Web ページ閲覧中にいろいろな操作ができます。
 ・HTML 確認/編集
 ・CSS 確認/編集(レイアウト調整が非常に楽)
 ・JavaScript 確認/編集/デバッグ(変数などのモニタ可能)

1.FireBugsインストール(Mozilla Firefox用)
 サイト「https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1843/」へアクセス
 →「Firefox へ追加 」を選択
 →「インストール」を選択

※FirebugのインストールページへはFirefoxでアクセスしてください。

2010年11月22日 (月)

PHPのインストール

1.PHPのダウンロード

  サイト:http://www.php.net/downloads.php

  → インストールしたいバージョンを選択する
  → Japan のリンクを選択(任意)
  → 指定の場所に保存

 ※ Windows の場合
    → Windows Binaries の記述を見つける
   → http://windows.php.net/download/. を選択
   → Thread Safe の Installer を選択
   → 指定の場所に保存
 
※2011年05月19日現在のインストール方法です

2.PHPのインストール

  ダウンロードファイルを実行
  → NEXTを選択
  → ライセンスに同意してNEXTを選択
  → インストール場所を選択し「Next」をクリックする
  → Apache バージョンをチェックし,「Next」をクリック.
  → Apache の conf ファイル場所を指定して「Next」を選択
   (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf\)
 → Extensionsの中から「Multi-Byte String」,「Mcrypt」, 「MySQL」等、必要な物を
     「Will be installed on local hard drive」に変更して「Next」をクリック
  → 「Install」をクリックする
  → インストール終了後は「Finish」をクリックする

3.php.iniの設定

  doc_root の変更

  doc_root = "C:\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs"

  extension_dir の変更

  extension_dir = "C:\Program Files\php\ext"

  upload_xxx の変更

  upload_tmp_dir = "C:\Windows\Temp"
  upload_max_filesize = 10M

  dll の設定 (使用するdllの「;」 を外す)

  extension=php_mbstring.dll
  extension=php_mcrypt.dll
  extension=php_mysql.dll

  mbstringの変更 (キャラクタセットの設定:シフト JIS にしたいときの設定例 )

  mbstring.language = Japanese
  mbstring.internal_encoding = SJIS
  mbstring.http_input = pass
    mbstring.http_output = pass
  mbstring.encoding_translation = off
  mbstring.detect_order = SJIS,UTF-8,EUC-JP,JIS,ASCII
  mbstring.substitute_character = none;

mbstringの変更 (キャラクタセットの設定:UTF-8 にしたいときの設定例 )

  mbstring.language = Japanese
  mbstring.internal_encoding = UTF-8
  mbstring.http_input = pass
    mbstring.http_output = pass
  mbstring.encoding_translation = off
  mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII
  mbstring.substitute_character = none;

4.動作確認

  「test.php」という名前のファイルを作成

  → ファイルを開き「<?php phpinfo();?>」を入力して保存
  → C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs にファイルを移動
  → http://localhost/test.phpにアクセスし、エラーが出ないことを確認

  ※うまく起動しない場合

  1.再起動するとうまくいく場合も?
 2.http.conf を確認し、「PHPIniDir」「LoadModule」の設定を確認する(下記設定例)

 PHPIniDir "C:\Program Files (x86)\PHP"
 LoadModule php5_module "C:\Program Files (x86)\PHP\php5apache2_2.dll"